脳内神経アミノ酸分析システム

ARJ - L11

LED Fluorescence Detector

LED蛍光検出器
LED蛍光検出器

脳内の神経アミノ酸を「速く」そして「きれい」に測定

標準クロマトグラム
神経アミノ酸測定システム

グルタミン酸及びGABA同時測定の標準クロマトグラム

 (注入濃度; 20 fmol/10 µL ~ 500 fmol/10 µL)

HPLC-LED蛍光検出器システム

主な特徴

統合失調症アルツハイマー病(記憶・学習)うつ病てんかん自閉症などの研究で力を発揮。

・マイクロダイアリシスサンプル中のグルタミン酸及びGABAを「きれい」かつ「高精度」に測定可能。

・専用の分離カラムとの組み合わせにより、グルタミン酸単独測定の場合は,5分サイクルの分析

   グルタミン酸及びGABAの同時測定の場合は、10分以内での分析と高速化を実現。

・13種類の脳内アミノ酸は20分以内で一斉分析可能。

・光源交換などのメンテナンスの必要性を取り除き、ユーザー負担を軽減。

標準クロマトグラム

1; アスパラギン酸

2; グルタミン酸

3; アスパラギン

4; セリン

5; グルタミン

6; ヒスチジン

7; グリシン

8; トレオニン

9; アルギニン

10; タウリン

11; アラニン

12; GABA

13; チロシン

13種脳内アミノ酸一斉分析の標準クロマトグラム

 (注入濃度; 100 fmol/10 µL ~ 2000 fmol/10 µL)

ARJ-L11の仕様

【フローセル容量】  20.28 µL(耐圧 30 MPa)

【サイズ】  160(W)× 255(D)× 225(H)mm

【重さ】  約 2 kg

【電源】  AC100 – 240 V

【消費電力】  最大100 VA

【光源】  深紫外LED

【光源波長】  340 nm

【波長精度】  ±5 nm

【蛍光側バンドパスフィルター】  450 nm

【半値全幅】  25 nm

​マイクロダイアリシスサンプルの測定例

ダイアリシスサンプルクロマトグラム